リゼロ実践のすべて。自分なりの立ち回りを書いておきますね(*>ω<)b

ひとまず、設定を使ってくれる店を選びます。←ここ重要

大前提として過去に設定6を使ったことがあるかが条件となります。設定6を使ったことがあるかどうかの判別についてですが、いくつか方法があります。

  1. 自分で実践したうえで6確もしくは圧倒的に初当たりが軽い台で偶数示唆を引く
  2. ホールから見える情報や誰か知り合いの情報を聞いて精査する
  3. 期待度は薄くなりますが掲示板から情報を得る

だいたいはこんな感じですかね。

次に、特定日を把握することです。

いくら過去に設定を使ったことがあるからといっても、今入らなきゃ自分が打てないわけですからここの調査も肝要になります。この情報は主にネットを使って(ブログや掲示板、SNS等)仕入れた後に、実際にホールに出向いて検証しデータを取る必要があります。

それから、客のレベルの判別ですね。これをしておかないと、実際にホールがせっかく設定6を使ってくれても閉店まで同じ人が打ち続けるようでは、朝一にツモる以外に方法がなくなってしまうからです。設定6は使う且つ客がそれなりにぬるいホールであれば天国ということですねw

あとは、試行回数を重ねるだけです!w

いくら設定6といえども勝率100%というわけではないですし(←1日単位の稼働で見た場合)、実際に設定6だと思って座った台の設定が4だったりといろいろあるわけで…

それから、いくら設定6を使ってくれると言っても月一の特定日のみとかだと抽選負けする可能性や読みが外れるパターンなども含めてすごく効率が悪いことになるので、店ごとで日にちを分けてそれぞれのパターンを覚えて立ち回るか、割と高頻度で設定を使ってくれる店があるならばその店の癖をつかむことが重要ですね。

ところで、正直最近リゼロしか打ってないといっても過言ではない状況の私ですが、6号機と言えどもリゼロだけは違う!ということをひしひしと感じています。

リゼロ8000枚のグラフ

この時は、リゼロを押していたホールで途中から打ったもので246円が出たので恐らく設定6だと思うのですが、前任者と合わせて約8000枚ほど出ています。ちなみに私は約60Gほどから打ち始め、250前後で当たり、その後も初当たりは軽く白鯨も8/8で約3200枚ほど出ました。

そしてここから、設定判別&立ち回り編に入ろうと思います。

まずは、前提知識として設定6でも2000枚くらいは凹むことがあることは知っておきましょう。これで設定6を捨てるor見逃す可能性が減ることと固定観念は払拭していただけるかと思います。

これまでAタイプを専門としてきて設定6は「きれいな右肩上がりにしかならない!」みたいな信者の方もいましたが機械割り的に考えても必ずしもそうはならないことを念頭に置いていただけたらと思います。あと、共通ベルを使った立ち回りはまだしていませんのでその内容は含まれていないことをご了承ください。

加えて、報告によると456確出た台(恐らくその時は設定4)でも4000枚凹むこともあることも知っておいてください。これだけで選ぶ基準が少し変わります。白鯨6スルーは普通にあり得るというのが今の見解です。ちなみに自分の知る限りでは設定6では白鯨3スルーまでですがそれ以上もあり得るかもしれません。

じゃあどこを基準に判断するんだ!という話になりますが、主に設定差が大きい部分については、モード移行率になるかと思います。ですので、朝一以外の立ち回りとしてはモード移行が良いことを基準として合わせて白鯨討伐率が50%を超えている台を選んでいくのが良いかと思います。

ちなみに、実践値としましては設定示唆(確定も含めて)で6が確定した台については、1日の中で通常Aへの移行が1回だけでしたが、全6の日に他の台も見てみると2回以上移行した台もあったようです。ただ、モードの移行率も良いのですが有利区間の継続率も全然違うのでそのあたりも打ちながら判別しておくといいですね。

有利区間の継続判別については、BETボタンの近くにあるランプが消えるかどうかで判別することができます。実際に打つときにコンビニに移行する瞬間に消えていて、セット完了と画面に出るときのレバーON時にランプがまたついているので気にしてみてみたらいいと思います。(※有利区間が継続したからといって前回とモードが同じとは限らないので注意してください

有利区間の計算についてですが、最大1500Gあります。内訳としては白鯨までのG数+白鯨討伐戦で使ったG数+ATのG数となります。

実践値としては6確時に通常Bで490G+白鯨討伐戦約10G+AT60G、区間継続して通常Bで390G+白鯨討伐戦約10G+AT45G、区間継続してだいたい150Gくらいで白鯨に行ったかと思います。(数値はうろ覚えですが通常B→通常B→有利区間継続することもあるということが言いたかったのですw)

ですので、前回が引き戻しだったからといって次も引き戻しにいるわけではなく、G数の残りから考えて通常Aも十分消化できることからAに行くこともあり得ます(実践上ありましたw)のでそのあたりはお気を付けを。

ハイエナ的な考えからすると通常A天井→白鯨スルー→有利区間継続して捨てた台とかは狙い目になるかと思います。例にとると、1500-(760+10)=740Gで、一応そのモードを消化中のみAT完走するかもしれないということで300G確保されているので740-完走用300-白鯨戦10=最大430Gまでには白鯨戦が当選するということになるのでモードCよりも若干良い状態ということになります。

余談にはなりますが、これまで打ってきて高設定狙いをしているにもかかわらず、明らかにモードCへ移行したというのが1回だけ(温泉抜け後のカードはSSR)で天井G数も456なので設定456しかモードCに行かない説はあり得るかと思います。

話は戻りますが、設定が悪いとほぼほぼ有利区間継続はないです!w

というのも高設定についてもそうなのですが、有力説としては1000枚以上でたら有利区間はリセット濃厚というのが私の現段階での見解です。

低設定は基本的に通常Aで白鯨討伐に成功すればだいたい初期G数が90Gとか100GとかになりやすいのでAT中の上乗せも含めて簡単に1000枚超えてしまうからというのと、枚数が届かなかったとしても設定良くないからモードリセットされるというダブルパンチで有利区間リセットされることが多いんじゃないかと思います。

ちなみにATの内部的な強弱についてですが、基本的にはATに当たるまでに滞在していたモードが関係していると言われ、通常Aだと強ATになりやすく鬼天国だと最低保証の40Gになりやすい&設定も絡んでいると思われるということで必ずしも通常Aで当たったからと言って大量出玉が期待できるというわけでもないみたいですね。

内部的な強弱についてはメダル投入口のすぐ近く(前)に鬼ランプ(鬼という文字が白く光る)が点灯しているかどうかで判断できるみたいです。

それから台選びの方法別verですが、上のような要素もあるのですがそれ以外として設定の入る日に設定の入った店で空いた台を狙うというのがありますw 身もふたもないように思えますが、全台系の時などはこの方法はめっぽう強い方法であると言えます。

ちなみにマイホリゼロ増大の日で店内に看板3つ出てた時に新台で15時に解放された方の台でしたが、初動が悪くやめてしまった人の台を打ったら結果はアイキャッチ画像のとおり設定6でした。

設定6差枚数グラフ

その時のグラフはこんな感じです。

最初は通常AなりBなりのスルーを繰り返してマイナス2000枚を超え、その後当たって少し出たから辞めるといったパターンでした。

それからの白鯨戦はというとモード移行もB以上で良く、9/10で討伐に成功して右肩上がりに伸びていきました。

こういうこともあるので、初動が悪くても設定が強いであろう日はできる限り粘ってみる、もしくは打つ台を探している側のときはそういうパターンも考えて立ち回りをしてみるということが大事ですね!

ちなみにやめ時についてですが、最初に台に座った時の理由が怪しくなったらやめたらいいと思います。例えば、モード移行が良さげで座ったならその後Aが続いたからやめるとか、白鯨討伐率が良かったのに自分が下げて台の全体合算でも半分以下になってしまったとかそんな感じですかね。

あとは、白鯨スルー回数に関しては天井とかないので投資額を決めてやるとかですね。細かい内部的なところでいえば、コンビニ移行してその後温泉に行った時点でやめ、もしくは温泉orひざまくら抜け後のカードを確認してやめというのが一般的ですね。

基本的に自分は打っている台が低設定ではないつもりなのでカードを確認してからやめることにしています。

実践上だと、SSRは複数回引いていますが、1回だけモードCに行った以外はすべて引き戻しor鬼天国なので見る価値はあるかと思います。SRについては通常Aのがせもそれなりに見るので無理して打たなくていいと思っています。

特殊編としては設定6の時で閉店時間が近くなっているパターンに限りますが、モード移行としても引き戻しや鬼天国のパターンも多いかと思うので200過ぎて全庁くるかどうかの確認もありかと思います。特にリゼロの場合はそこまで回しても4000~5000円ですし設定6も毎回ツモれるわけではないので時間と相談してそのパターンも選択肢に入れておいてくださいね。

最後に、私の地域はほぼ等価のような感じなので設定4でも頑張れたりするのですが、等価ではない地域の方は設定4で粘ることはおすすめできません。機械割り的に考えてもそんな大幅に+にはならないですし、白鯨からのATという使用上投資がかさんでそのあと大きく出して捲る場合に、換金率分で損する可能性が高いので4しかないなと思ったときに切りのいいところでやめることを推奨します。

知っておいていただきたいのは、この台の仕様上246円とか456円とかが割とよくでることから設定4か6かわからなくて粘らせたいという推測が成り立ち4を多く使う傾向が恐らくどのホールにもあって、設定5確定演出がない&5は初当たり冷遇気味であることから5を使うメリットがホール側にあまりないから設定5はああまり入らないことです。

設定4だとモード移行良くて白鯨軽めだけど入らないとか通常Aで当てたはいいものの初期G数伸ばせないとかよくあって、そんなに枚数も伸びないようになっているのでホール側も使いやすいんですねきっと!

と、ここまでつらつら書いてきて特に書き溜めたりまとめたりもしていなかったので書きなぐり状態のような文章になってしまいましたが、一つでもリゼロの挙動について参考になった点があったと言ってもらえると嬉しいです(//v//)

何か不明な点やご意見等があればお問い合わせから、Twitterを知っていればDMでも構いませんのでご連絡いただければと思います。ではこれにて(^ ^)/~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です